楽しい山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 山梨県 、「瑞牆山2230m」と「金峰山2598m」

<<   作成日時 : 2010/11/13 05:44   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

11月12日金曜日 、「瑞牆山」と「金峰山」へ出かけました



朝6時30分家を出て中央高速須玉ICを下りて、清里方面へ
4っ目の信号機右折、増富ラジウム温泉方面へ
みずがき湖(塩川ダム)をそのまま温泉方向へ向かってしまい
引き返して信州峠方面へ、途中から瑞牆山荘方面へ
「瑞牆山」は平成14年11月16日以来になります

県営駐車場には6時過ぎに到着、支度してさぁ〜まずは金峰山へと歩き出しました
6時21分

画像


少し登ると林道を横切ります
画像


富士見平には8時55分着、金峰山へ3時間30分の標識
画像


登山道はしっかり判り易いです(地図を持ってない)、大日小屋へは
9時32分着 小屋は冬季閉鎖
画像


大日岩9時43分〜砂払いの頭10時30分
樹林帯の途中から雪が舞いだしていました、視界が開けて
雪も舞ってるだけ
画像


画像


画像


先の金峰山は雲の中
画像


雪の降り方が横殴りから縦方向へ変わり始めて、登山道も
白く染まり始めました
画像


金峰小屋分岐
画像


山頂の五丈岩着いた時には視界なし
画像


画像


金峰山山頂まで5分、しかし岩だらけ、雪で滑らないように
岩を選んで登頂、11時6分
画像


降る雪は本降り、下山開始です、のんびり山々を眺めてなんて計画は
無残にも砕かれました
画像


画像


登って来た時に気になっていた登山道、目印が無い!
その上に積雪、何処を歩いたのかな?
慎重に下山、一箇所大きめの岩を登りますが雪で滑り登れない
どうしたものかと思案、手で雪を払い滑りながら通過出来ました
、私の他、山頂には一組のカップルさんのみでした
金峰山小屋分岐も白い

画像


画像


砂払いの頭まで慎重にと思ったけど樹林帯も雪、さらに慎重にでしたが
緊張から解き離れたら、すってんコロンリンと尻餅

大日小屋へは12時32分 此処でお昼にしました
丁度、登る時に追い越した方が休んでいました、追い越した3名
皆さん引き返したみたいです、空は回復して青空、嘘みたいな青空

画像


富士見平には13時17分、ここから、瑞牆山へ向かいました
下山して来る登山者が多くて、平日だけど人気の山でしたよ
画像


久しぶりの瑞牆山、記憶は曖昧だと思った、こんな登山道だったかな?
山頂へは14時25分

午前中登った金峰山はくっきり、うそだぁ〜晴れで立ちたかった山頂
もちろん瑞牆山は快晴、眺めも素晴らしい、八ヶ岳や富士山
画像


画像


画像


誰も居ない山頂、長居はしなくて下山開始
画像


富士見平には15時32分 テントが張られていました
そして瑞牆山登りで出会った撮影されていた方々が撮影中(何処のTV?)

画像


今日は足がガタガタ、足は棒状態、やはり雪で使い果たした体力
筋肉痛になるかな?

登山口へは16時着、変化に富んだ「瑞牆山」と「金峰山」
また何時か?

行程 みずがき登山口8時21分〜富士見平8時55分〜大日小屋9時32分〜砂払いの頭10時30分〜金峰山頂11時6分〜大日小屋12時32分〜富士見平13時17分〜瑞牆山14時25分〜富士見平15時32分〜登山口16時

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
もぐたん〜お疲れ様でした〜♪

変化に富んだ二座、面白い山でしたね〜
お隣同士の山なのに雪と快晴とはビックリね!

金峰山の大きな岩が凍ってると怖いですね。
気を使って登ったから余計大変でしたね。

それにしても日帰りとは恐れいりました(^^)
タイムもメッチャ早いですね(@@)

帰りに山小屋のご主人が走って降りて行かれました。
二ヶ月詰めたので交代だと言ってらっしゃいました。
のんたん
2010/11/13 16:42
はじめまして
その山の近くに住む者です。
金峰に雪が降ったのですね、そういえば八ヶ岳もまた雪が降ったようです。こちらからは廻り目平のコースも大弛からのコースも今季は閉鎖で登られないと思っていましたが、みずがきの方から登る方法もあったのですね。
それにしてもすごい健脚ですね、2山も一日でこなすとはまねできません。どちらも岩ごろごろなので雪が降ると危険ですね。
nona
2010/11/13 18:37
1日の天気?って思うほど青空と雪景色ですね
金峰山もぐたんが登られた時が
丁度雪雲が上に有ったみたい
石に積もった雪!滑って怖そうなのに
1日で2座登頂健脚もぐたんです(^.^)


あずき
2010/11/13 21:06
のんたん こんばんは

ようやく金峰山へ登れました、のんたんのお陰だと
思います、丁度天気が変わり易く、晴れた金峰山へ
立ちたかったです
雪は少しでも恐怖でしたよ、滑る滑る(頭よりも)

どうも、一人だと休まず歩き続けてしまい
コースタイムも早くなるんでしょうか
山小屋の経営は大変、2ヶ月詰めっきりだと
早く家に戻りたいですよね
もぐたん
2010/11/13 21:21
noraさん コメントに訪問、ありがとうございます

金峰山の麓にお住まいですか、何時か行こうと
思ってはいましたが、ようやく叶った山でした
廻り目平のコースも大弛からのコースは川上村から
も行けるんですよね、前に甲武信ヶ岳へ
登った事があります

岩が多くて雪降りは大変、今度は晴れた時に
出かけたいと思います
もぐたん
2010/11/13 21:35
あずきさん 

少々の雪でも登山道に寄ってはとても怖いですね
今回の金峰山は大小の岩、石と滑り易い登山道
印も少なくて真っ白になると迷いそうです

いえいえ!2座は欲張り過ぎたかもですよ
のんびり景色を眺めながら登るのが良いんだけど
性格かなと(せっかち)
もぐたん
2010/11/13 21:38
同じ日なのに 方や雪 その後は晴れ! 何と対照的な天気なんでしょうね。
それにしても 1日で2山登ってしまう!!
すごいな〜!! ご一緒の時は 待たせてしまいますが
よろしくお願いします。
サラダ
2010/11/14 22:34
はじめまして。私たちは、瑞牆山を13時15分に下山しましたので、中間あたりですれ違っております。
私たちは、テレビ局の人たちと不動滝から登ってきました。それで聞いたところ、来年の1月に放送されるようです。
なんとあの有名な小島聖さんとは、後から知ってビックリです。
HPは下記を参照してください。
http://www.bs4.jp/noboruonna/index.html

私たちは、その後、不老閣に宿泊しましたが、先ほどのテレビ局の人たちも宿泊していて、不老閣の放送は、テレビ朝日で午前4時30分から放送されます。

最後に、瑞牆山に着いたときは、ガスの中でしたが、急激に晴れてくる様は、感動でした。そして、金峰山が白く見えていたので、結構、雪が降っていて大変だろうなと思っていました。今回、レポートを読まさせていただいて、さらに、大変さが伝わってきました。

面識のない者ですが、余計なことをコメントし、失礼いたしました。
 
すれ違った中年夫婦
2010/11/15 09:58
サラダさん 
天気予報は午後から晴れ、しかし朝も晴れていたので
ラッキーと思って居ましたが、そうは問屋が卸しませんね
雪の金峰山は印象に残るでしょうか

雪山はもう冬そのもの、慎重に歩かないとです
もぐたん
2010/11/15 10:29
すれ違った中年夫婦さん 初めまして
コメント書き込みをありがとうございます

瑞牆山からの下山途中に出会っていたんですね
大きな機材を持っていたので何処かの撮影スタッフ
かなと思っていましたがBSで放送されている番組とは
知りませんでした、朝早く放送があるんですね
日にちは来年でしょうか?

小島聖さんとすれ違ったと思いますが、気が付かずでした
情報をありがとうございました
もぐたん
2010/11/15 10:45
もぐたん、、、、
日帰りだったの
すっご〜い
びっくりしましたがね

掲示板が上手く使えなかったのでこちらからです
お疲れ様でした。
まっちゃん
2010/11/15 22:51
まっちゃん 
そうなんです、日帰りだったんだよ
瑞牆山は以前に登ったけど金峰山は初めて
なんで二つはどうかな?と思ったけど
何とか二座登れました
まっちゃんもお出かけくださいね
もぐたん
2010/11/17 10:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
山梨県 、「瑞牆山2230m」と「金峰山2598m」 楽しい山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる