八ヶ岳 西岳 残雪が残る登山道

4月23日 火曜日 21日4月では一番遅い降雪があった長野県、今回の雪は八ヶ岳近辺でも多く しっかり無くなった積雪が増えただろうとや八ヶ岳へ出かけました 赤岳へなんて思ったけど、どうも足が重く、大変そうと・・・・ 富士見高原ゴルフ場登山口から歩き出します(8時20分) 何時も何かを忘れてしまう、今日はストックを忘れたぁ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

4月11日 朝雪景色で桜満開 冬景色の美ヶ原高原

今年は桜満開が10日早く訪れた松本城の桜満開です 今朝は雪景色となり、我が家の場所で2センチ位の積雪、道路は融けていました お休みなんで、足ならしにと美ヶ原高原へ、今日の登山口は石切場からです 恐らく昨日まで無かった雪が積もっていました、8時過ぎに登山口へ車を駐車、登山口8時11分 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

今年も出かけました 初冬の燕岳

昨年11月に訪れた燕岳日帰り~(*^-゚)vィェィ♪ 今年も出かけて来ました、前日は飲み会でしたが早目に終わり10日朝は 二日酔いもなくて登山口、中房温泉へ 6時30分過ぎに駐車場到着、沢山の車でしたよ、道路は普通タイヤで大丈夫です 中房温泉登山口7時歩き出しです 第一ベンチ~第二ベンチと進みます、少しづつ雪…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秋の涸沢 北穂高岳 テント泊  寒いよ~~゚(゚´Д`゚)゚

10月12日13日14日 金曜日、土曜日、日曜日 2年ぶりの秋の涸沢、今年は5月にも訪れて雪の多い涸沢満喫しました 12日は仕事から帰り、支度して沢渡の駐車場へ車を置いてシャトルバスで上高地バスセンター には12時18分 登山届けに記載、トイレも・・・・ 河童橋( ゜Θ゜) < も観光客で賑やかです、毎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苗場山(標高2,145m/日本100名山) 池塘(ちとう)

9月27日 国道117号線新潟県津南町より国道405号線に入り登山口秋山郷小赤沢に向かう 小赤沢橋を渡り左折して3合目登山口の大きな駐車場にたどり着く、トイレ完備で綺麗ですよ 駐車場は100台は大丈夫と思われます、広いです [上り] コースの標柱に記載された時間、3時間10分(ややきつい感じ)        …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

念願の劔岳 二日目

9月16日 日曜日 山の朝は早いのは鉄則、午前3時にはテント場は賑やかです テントをたたむ人、山へ登る準備の登山者、私も朝食をパンで簡単に食べ 午前4時テント場を出発、もちろん暗闇の中 数人を追い越した頃から辺りが明るくなる、初めてのコースだけに誰か前に 居て欲しいと思いながら歩くが登山道は判り易くて助かりまし…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

念願の劔岳 初日

9月15日16日 念願の劔岳へ出かけました 前から登ろうと思っていた、劔岳、14日夕方登山口富山県上市町 馬場島キャンプ場に着き(PM7時) 駐車場もまだ空きが有りました、もう真っ暗です、夕飯食べて車中泊 15日 AM5時過ぎに起床、辺は明るく青空、気分も盛り上がります 支度して歩き出しは6時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南九州 鹿児島 開門岳

9月6日~8日  鹿児島県指宿市 開門岳登山へ出かけて来ました 6日は羽田空港から鹿児島空港までのフライト、予約して置いたレンタカーに乗り 鹿児島市内ホテル法華クラブ鹿児島へ、綺麗なホテルでした 明日にむけて居酒屋さんで気合入れ~乾杯!(^0_0^) 7日 ホテルの窓から空は青空が覗き、おぉ~これは良いぞ~~…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

白馬三山 二日目 鑓温泉経由下山

8月19日 テント場の朝は早い、起き出したのは4時過ぎ、お隣のテントの方が朝食準備していた テントを撤収して歩き出してる人も、ご来光はまだみたいと、起きだして 朝日が上がりを良く見られる場所へ、ご来光は綺麗に雲海の上に 逆側も綺麗 劔、立山も朝日が当たります テント場も少なくなって来たなぁ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

白馬三山 初日 

8月18日土曜日 今年のお盆は天候が不安定の日々、せっかくの連休なのに何処も行けないなんて/(^o^)\ と諦めモード、しかし朝起きて天気予報にパソコンでライブカメラチェック✔ 白馬は案外と良いかも?と慌てて準備、忘れ物はないか??・・・・ それがぁ~途中で気づく、マットが無いよ~もう大町だしなぁ~ 白馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山 霧訪山  お盆登山???

お盆の天気は不安定な空模様、当初は燕岳へ出かけ様かと思って朝に あちこちのライブカメラ見てたら、上高地が雨!北アルプスはどうも雨らしい 八ヶ岳も雲の中だしなぁ~! そこで近くの隣の市の里山へ出かけました、夏は余り出かけない山ですが 歩く方もボチボチ、他県ナンバーの方もおられました 登り下りで2時間程度の里山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10回目の常念岳

8月10日 10回目の常念岳登山 天気も良さそうだし何処かへと思っていた、朝はオリンピックが気になり夜ふかし、朝も早くから 観てしまう、起きたら6時過ぎ、う~~これは遠くは無理だよ 途中堀金の道の駅で立派なひまわり畑、寄り道してパチリ 燃えるゴミ出しを行い、おにぎり2個買い登山口の三股へ 平日だけど満車状態、な…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

鹿島槍ヶ岳~爺ヶ岳 二日目 

8月2日 夜中に起きたら満月、月明かりが明るくて24時前だけど歩けそう・・・しかしまた寝て 目覚まし3時過ぎ、横のテントの方がテントをたたんでいた 4時過ぎに準備してヘッドライト点けテント場を歩き出します 30分程歩くと明るくなってきた、爺ヶ岳への登山道 山も赤焼けしてご来光ももう直ぐかな? …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

夏山の始まり 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳 初日

8月1日種池山荘テント場まで 猛暑の今年、朝帰宅後に軽トラを車検に出して、山への準備し西友で買い物 ガソリン補給して大町扇沢へ 平日だけど駐車場は満杯!丁度空きが見つかり駐車し支度、さぁ~歩くぞ 今日はテント泊予定、荷物も多めです、柏原新道登山口11時50分 天気が良すぎて登山口から猛暑、もうたまりません・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW 快晴の涸沢 テント泊 2日目と3日目

28日土曜日 今日からGWの始まりです 朝は冷え込みマイナス気温、テントのフライも凍っていました 5時に起床して軽く朝食、テントを片付け、歩き出しは6時30分過ぎです 朝から快晴、青空が眩しい 横尾橋を渡り涸沢へ、此処からは雪の登山道です 今年は積雪が多く、横尾谷はデブリも見られました それに…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

GW 快晴の涸沢 テント泊 

4月27日金曜日  お昼前に沢渡に車を駐車して上高地へのバスに乗りました 上高地バスターミナル12時過ぎ、此処でお昼を食べて歩き出します 今日の目的地は横尾まで 河童橋12時25分 今日は上高地開山祭が行われていて大勢の方々が参加です さぁ~と河童橋で記念写真 小梨平では式後の振る舞い酒中・・・・早速頂き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山ハイキング 虚空蔵山(こくぞうさん) 

松本市四賀(旧四賀村)の虚空蔵山(こくぞうさん)へ出掛けました 国道143号線を青木峠へ向かい、召田の信号機を左折、中川小学校を右折して 次の信号機を左折します(国道から見た虚空蔵山です) 四賀有機センター看板を左折、有機センター過ぎたら登山口でした 少し雪が残っています、時刻は10時18分 里山だしと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

手強いルートの坊主岳 笹薮のラッセル

2月20日 今朝も冷え込みました 今日は八ケ岳か?坊主岳かと迷いましたが、まだ出掛けてない 坊主岳へと向かいました 登山口は奈良井ダム イノコ沢橋 車を駐車 7時13分歩きだしました 直ぐに祠にたどり着きます 何処から登り始めるのか?判らん!少々迷いました この登山道は標識は一切…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

素晴らしい景色の八ケ岳天狗岳でした

2月12日日曜日 朝から晴れたけど八ケ岳は雲の中でした 集合時間の7時半の渋温泉に到着です 今回は山仲間さん4名と私です、山仲間さんが企画した天狗岳です 8時に渋温泉登山口を歩き出しました 積雪は余り多くは無いけど登山道は綺麗な雪のトンネルです 黒百合ヒュッテには9時50分過ぎに到着 山小屋…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

手強い 八ケ岳阿弥陀岳

今日は八ケ岳なんて思って携帯目覚まし設定、しかし起きられず グズグスして起きだしたのは6時、慌ててお湯を沸かし朝食を食べて 荷物を車に乗せ、西友でおにぎり2個とパンを買い 高速で諏訪南ICへ、そして美濃戸口へは7時45分着、支度し駐車代払い(500円) 8時に歩き出しました、美濃戸9時、赤岳山荘駐車場はガラガラ …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more